ヒロインへの一本道

私のヒーローに出会ってからの日々

許すこと

私はここ3か月本当に死にそうだった。

ある人を嫌いになり
心の底からイライラしていた。

声を聞くだけでも嫌なのに
姿を見るだけで嫌なのに
一緒に過ごさなくてはいけなくて。

本当に苦痛だった。

何よりも、小さい事で
こんなにイライラしてる自分が
死ぬほど嫌だった。

私は滅多に人を嫌いにならない。

どんな人でもwelcomeだ。

だけど

一度嫌いになってしまうと
もう元には戻れなくて
その人の全てを嫌いになってしまう。

一緒にいたとしても
必要最低限の話すらしないくらい
本当にイライラするのだ。

人生で人を嫌いになったのは
3回目だった。

そして、今回は
本当に酷い態度を取り続けた。

気づいて直してほしかった。

言えば変わるのかなと思ったけど
言っても変わらないから
もう何も言わないと決めていた。

誰かに愚痴を聞いてもらわないと
苦しくて死にそうだった。

普段愚痴を言わない私が
泣きそうになりながら人に本音を話すのは
本当に珍しかったのか
みんなが心配してくれた。

けれど、何も変わらなかった。

誰かに心配してもらえても
目の前の問題は何も解決しないのだ。

愚痴をこぼす自分が
むしろ醜くも感じた。

マイナスな言葉は
口にする度に自分が汚れていく。

そんな時、思い出したのだ。

私のヒーローは
私の間違いを何度も許してくれた。

あなたのことを許すから
あなたも誰かを許してあげられる人で
あってほしいという彼の願い。

彼は人を恨むことを知らない。

どんなに傷ついたとしても
いつも信じてくれるし
いつまでも待ってくれる。

「許す」ことは簡単ではない。

溝が深まれば深まるほど
難しくなってゆく。

だけど、「怒る」方がずっと大変。

無駄に力を使うのだから。

私も全てを信じて
全てを許せるくらいに
大きな人になりたい。

だから、許そうと思った。

心の中のリセットボタンを
強く強く押してみたのだ。

私は彼女に告げた。

「リセットする。全部。」

と。

口にした瞬間
心が一気に軽くなった。

決意して実践することは
本当に難しいけれど
実践すれば追い風が吹くのだ。

止まっていた歯車が動き出すように
今までうまくいかなかった全てが
ぐんぐん動き出す。

時は戻せないけれど
私は心のリセットボタンを押して
彼女にちゃんと笑えていた
3か月前に戻った。

未来のために。

私は彼女の前でイライラする自分より
ヒーローの言葉を信じて
笑っている未来を選んだ。

心から笑っていたい。

笑っていたいから
私は過去を無かったことにした。

私を許してくれたヒーローが
もしいなかったならば
仲直りは一生できなかったはず。

だから、ありがとうと伝えたい。

本当にありがとう。