ヒロインへの一本道

私のヒーローに出会ってからの日々

許すこと

私はここ3か月本当に死にそうだった。

ある人を嫌いになり
心の底からイライラしていた。

声を聞くだけでも嫌なのに
姿を見るだけで嫌なのに
一緒に過ごさなくてはいけなくて。

本当に苦痛だった。

何よりも、小さい事で
こんなにイライラしてる自分が
死ぬほど嫌だった。

私は滅多に人を嫌いにならない。

どんな人でもwelcomeだ。

だけど

一度嫌いになってしまうと
もう元には戻れなくて
その人の全てを嫌いになってしまう。

一緒にいたとしても
必要最低限の話すらしないくらい
本当にイライラするのだ。

人生で人を嫌いになったのは
3回目だった。

そして、今回は
本当に酷い態度を取り続けた。

気づいて直してほしかった。

言えば変わるのかなと思ったけど
言っても変わらないから
もう何も言わないと決めていた。

誰かに愚痴を聞いてもらわないと
苦しくて死にそうだった。

普段愚痴を言わない私が
泣きそうになりながら人に本音を話すのは
本当に珍しかったのか
みんなが心配してくれた。

けれど、何も変わらなかった。

誰かに心配してもらえても
目の前の問題は何も解決しないのだ。

愚痴をこぼす自分が
むしろ醜くも感じた。

マイナスな言葉は
口にする度に自分が汚れていく。

そんな時、思い出したのだ。

私のヒーローは
私の間違いを何度も許してくれた。

あなたのことを許すから
あなたも誰かを許してあげられる人で
あってほしいという彼の願い。

彼は人を恨むことを知らない。

どんなに傷ついたとしても
いつも信じてくれるし
いつまでも待ってくれる。

「許す」ことは簡単ではない。

溝が深まれば深まるほど
難しくなってゆく。

だけど、「怒る」方がずっと大変。

無駄に力を使うのだから。

私も全てを信じて
全てを許せるくらいに
大きな人になりたい。

だから、許そうと思った。

心の中のリセットボタンを
強く強く押してみたのだ。

私は彼女に告げた。

「リセットする。全部。」

と。

口にした瞬間
心が一気に軽くなった。

決意して実践することは
本当に難しいけれど
実践すれば追い風が吹くのだ。

止まっていた歯車が動き出すように
今までうまくいかなかった全てが
ぐんぐん動き出す。

時は戻せないけれど
私は心のリセットボタンを押して
彼女にちゃんと笑えていた
3か月前に戻った。

未来のために。

私は彼女の前でイライラする自分より
ヒーローの言葉を信じて
笑っている未来を選んだ。

心から笑っていたい。

笑っていたいから
私は過去を無かったことにした。

私を許してくれたヒーローが
もしいなかったならば
仲直りは一生できなかったはず。

だから、ありがとうと伝えたい。

本当にありがとう。

かざぐるま

木々の葉を揺らすその風は
目に見ることができない

けれど

踊る私の短い前髪は
風によって舞い上がる

頬にあたる
梅雨の湿気を運ぶ夜風は
私に涼しさを与える

風に吹かれて回る
かざぐるまのカラカラという音が
私の耳に届く

確かに風は存在していて
見えないからないのではない

風という力が
かざぐるまを回すように
あなたの言葉が
私の心に始動をかける

人は私の行動を見るのかもしれない
人は私の心を見るのかもしれない

私の心を動かすのはあなた
私はあなたの力を受けて回るだけ

まるで
かざぐるまのように
私はあなたの言葉でくるくる回る

色鮮やかに輝けるのは
あなたの言葉で回るから

私を見て誰かが
あなたを見るならば
私はその時価値を見いだせる

くるくるくる

今日もあなたという風をうけて
私というかざぐるまは回り続ける

瞬間

後悔の始まりは
どんな時も瞬間からだ

あの時ああしていれば
なんていくらだって言える

その時を動かなかった自分を
人は何度も思い返す

動かなかった人は
結局いつまで経っても同じ

でも

もし少しでも動き出すならば
あなたの運命は変わるんだ

それなら簡単
走り出せばいいのだから

運命だと言って諦めたら
あなたの前にあるチャンスを
逃していくことになる

人生の中にある
大小数億個のチャンスは全部
掴むことが出来るもの

あなたが何かを決めるその瞬間
あなたの人生は変化する

瞬間の時を掴めたら
そしてあなたが一歩踏み出せたなら
世界は180°変化する

「ナミ」

私は昔から「ナミ」になりたかった

ナミと聞けば
日本人で知らない人はいない漫画の
主人公の2人目の仲間

夢は世界地図を描くこと
そう彼女が口にするから
私は地理学科に入ったのかもしれない

私の好きな色がオレンジだったのは
ナミのカラーがオレンジだったからで
当時好きだった歌手の絢香
オレンジが好きと言ったから
オレンジを好きになった訳では無いのかも
とか今更ながらに思い返す

高校の時
ナミみたいな髪型にしてくださいと
頼んだこともあったな…
(美容師の人ごめんなさい笑)

何でそもそも
「ナミ」になりたかったのかは
私は20歳になった時に知るようになった

それは私を「ナミ」にしてくれる
「ルフィ」に出会ったからだ

別にその人は
ゴムゴムの実を食べて手が伸びるわけでも
麦わら帽子をかぶっているわけでもなく
海賊王を目指しているわけでもない


私がONE PIECEで好きな巻は9巻

9巻の最後は
ナミがルフィに「助けて」と言って
ルフィが宝物の帽子をナミにあずけて
「当たり前だ」と叫ぶシーン

ここにはいろんなものが詰まっていて
ナミの「助けて」にはいろんなもの想いが
込められている

ずっとずっと1人で村の運命を背負ってきたナミは
やっと村を救えるというところまで来て
アーロンに呆気なく夢を奪われる

ナミ1人のの力では村は救えない
それが悔しくて悔しくて

しかもずっと守ってきた
ココヤシ村のみんながアーロンの元へ
戦いに行くことになってしまう

守ってきたものを守れなくて
自分の不甲斐なさが悔しくて
でもどうしようもなくなって

そんなナミが誰にも言えなかった
「助けて」という言葉をこぼすことは
簡単に出来たことではなかったと思う

でもその言葉を
ルフィは「当たり前だ」と受け取ってくれる

誰も信じられないナミにとって
その言葉がどれだけ大きかったか

そして10巻の
「うちの航海士を泣かすなよ」

11巻の
ナミの作業部屋を壊すシーン

いたくもないナミの居場所を
ルフィが壊してくれる時
ナミだけがその意味を分かって
「ありがとう」と涙をこぼす

私はこのシーンが好きだったし
ナミを小学校1年生から好きになっていた

ナミみたいに強い人になりたかったし
ベルメールさんのいう
「いつまでも笑っていられる強さ」を
持つ人になりたかった

ずっとそう思っていたけど
私の考えはあまりにも単純で小さくて
本当は違ったんだなと気付かされる


私はヒーローに会いたかったんだ

「助けて」と言えば
「当たり前だ」と答えてくれて
本当に私を助けてくれるヒーローに…

私がずっと欲しかった言葉をくれる
大切な人に出会えた時に
私はそのことを知るようになる

誰も本気で信じることが出来なくて
でも誰かを信じないではいられなくて
傷ついてはまた人を信じる私に
「永遠に信じて大丈夫だ」
そう言ってくれたあなたは
間違いなく私にとっての「ルフィ」だった

そして今でも私のヒーローは
私が泣きそうになる時に助けてくれる

躊躇もなく
自分を犠牲にしてでも助けてくれる

助けてもらってばかりだけど
私もなにか出来るなら

みんなが離れ離れになった時
ナミがルフィのことを想って言った
「今度は私が」ってセリフを
実現したいなって思う

私を「ナミ」にならせてくれたヒーローは
私1人いなくなっても強い人

それでもルフィのように
「強くなくても一緒にいてほしい仲間」だと
言ってくれるそんな人だから
私は強くなってあなたのそばにいたい

世界中が敵に回ったとしても
本気であなたのそばにいたい

私に戦う力をくれたから
私が欲しかった言葉をくれたから
私を「ナミ」にしてくれたから

地図を書くとか
オレンジのショートヘアとか
そんなもの真似しなくたって
私は「ナミ」と同じ道を行くことができた

「ルフィ」に出会うことができたことが
私は人生1番の成功だと思う


ありがとう、そう伝えたい

あなたを「ルフィ」と呼ぶのは
きっと世界で私1人

でもね
このまま過ごしたくなかった
「私」を壊してくれて
新しい世界を教えてくれて
本当に笑えるようになったのは
間違いなくあなたのおかげ


ONE PIECEをこんなふうに読むのも
世界で私1人かもしれない

世界が笑ったとしても
私が綴った言葉は真実で誰にも否定出来ない

だって私の大切な経緯だから

ONE PIECEに出会えたことを
心から良かったと思う

私にとっての「ルフィ」に出会えたことを
運命だと感じる

ありがとうONE PIECE
ありがとう私のヒーロー

出会えるようにしてくれた神様
本当にありがとう

ナミが笑顔で
「行ってきます」といって
ココヤシ村を出たように
私は「古い自分」に向かって
笑顔でそう告げたい

いざ、新しい自分へ出航

自分と向き合う

どこに行ったとしても
誰と出会ったとしても

ついてまわるのは「自分」

人は何かを求めて
海外に留学に行ってみたり
資格を取ってみたり
新たな出会いを求めてみたり
いろんなことに手を出したりする

それで増えるのは自分の能力と経験だけ

本当にそれでいいのかな
何回繰り返してもそんな事で人は変わらない

ただ、ひとつのきっかけになったりはする

自分と向き合うための…



大学に入った時
たくさんの出会いがあったし
変化のきっかけはたくさん転がっていた

ある人は私に
「人生誰に出会うかだよ」
真っ直ぐな瞳で私に告げた

知ってるよ、とその時は思った

誰に出会って誰の影響を受けるかで
自分の考えも生き方も変わる

飲み会が好きな人といれば
自然と自分も飲み会に行くようになるし
スポーツ好きと過ごせば
何となくスポーツが好きになっていくし
真面目な人と過ごせば
知らないうちに自分も真面目に
勉強とかするようになっていたりする

世界はきっとそんなものだ

類は友を呼ぶ
とは、よく言ったものだと思うけど
友は同じ類になってゆく
とも言えるんじゃないだろうか

でも、それは流されるということ

自分はどこにいるんだろうって
どんどん迷子になっていくんだ

私は「私」でいたかった
変わるのなんてごめんだし
そんな必要は無いと思っていた

けど


けどね、違ったんだ

私は「私」から逃げていただけだった
何にも前に進もうとしていなかった

真っ直ぐな瞳で私に話した人は
続けて私にこうも言った

「現状維持は衰退だよ」

頑張って前に進もうとする人から見たら
立ち止まってその場にいる人は
後退していく人と同じなんだと
そう説明してくれた

今までにない概念だったのかもしれない

私は周りがどんどんと
「東京」「大学」というものに
染まっていくのが可笑しいと思ってたから

でも、その人たちが全てではないし
その人達にも見えない部分がある

何かに向かって思いっきり
前に進もうとしてる人もいるんじゃないか

堕ちてゆく人の中で
現状維持は前進かもしれないけど
私はそこと比べていたくはない

ああ、本当に誰と出会うかだな…

前に進んできたであろう
この真っ直ぐな瞳の持ち主に
私は屈するしかなかったんじゃないか



出会いは機会

その真っ直ぐな瞳から目をそらしたら
私は「私」から逃げたままだった

この人から目を離したらいけない

掴まれた私の視線は
「私」を見せてくれるものだった

はじめます

伝えたい事はまっすぐ伝えればいい

ずっとそう思っていたけれど
大人になると色々考えるものだ

誰かに嫌われたくないと
いろんな思いを心にしまってしまう

昔はあれこれ考えないで
まっすぐ人に伝えられていたのに
こんなにも難しくなってしまった

いろんな理由をつけて
本当のことを言わない大人が
大嫌いだと思っていたのに
大嫌いな大人になってしまった自分が
何だかあほだなと思う

結局人は自分中心

自分を守るために
どこまでも貪欲になるんだ

それを意識してしまってからは
壊したいという思いと
それでもしょうがないという思いとが
自分の中でぐるぐるしている

自分を守っても得るものなんてないのに

私のヒーローは
自分のことを守らないで
他人のことを守ってくれる

潔いその姿が私には輝いて見えた

なりたいと願っていた姿が目の前にある

この機会をちゃんと掴むんだ



こーゆーこと
言葉にすると何かが始まる気がする

だから私、はじめます

考え事を世の中に落としてゆく